読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江頭じゃないけど御朱印転売に物申しちゃう。

 

どうも。

 

 

やっと試験受かってひと段落ついたのんちゃです。

 

 

やっと落ち着いたって思って

 

ツイッターみていたら

 

御朱印転売する人がいることに

 

悲しくなってしまいました。

 

 

そもそも、御朱印ってなんだろ?

 

っていう人もいるかもしれないので

 

御朱印についてパッと説明します。

 

御朱印っていうのは、

 

 

そもそもは参拝者の方がお寺の写経を納めた証

 

だったんですがそれがなんやかんやあって

 

現在ではお寺や神社などに参拝した証として

 

いただけるようになりましたという経緯が

 

あります。

 

 

参考画像として

 

わたしの御朱印帳を見せちゃいます。

 

 f:id:nonchacha:20170201194949j:image

 

こんな感じです。

 

この御朱印帳は、

 

遷宮記念のために作られた御朱印帳

 

かわいい淡い水色だったので

 

参拝した後に

 

どうしても欲しくなり買ってしまいました。

 

 

 

 

中身も少し見せちゃいます。

 

f:id:nonchacha:20170201195512j:image

 これは豊川稲荷の御朱印です。

 

このときは結構暑い時に行って

 

本当にしんどかったなぁ。

 

奥にたくさんきつねがいっぱいいて

 

とても神秘的で

 

暑くてしんどかったのに

 

なんだか落ち着いた気分になったのを

 

思い出しました。

 

参拝した後に、

 

いなり寿司だったり、甘味処がたくさん

 

あって、なんか冷たいもの食べたい!

 

お土産買いたい!

 

とか思ってたなぁ。

 

お金はあったけどなんだか

 

使ったらとことん使いそうな気がして

 

結局何にも買わずに帰ってたなぁ。

 

っていうのを思い出しちゃいました。

 

 

そう、なんだか思い出すんですよね。

 

この御朱印帳

 

どこで買ったものでとか、

 

この神社は暑い日にいって

 

しんどかったなぁとか、

 

単に神社に行きました

 

っていう証だけじゃなくて

 

 

 

そこでの思い出がたくさん

 

詰まってるんですよね。

 

 

わたしは勝手に

 

神様とわたしとの思い出の証だと思ってます。

 

 

御朱印にはお守りの効力はないけど

 

なんだかね、

 

確か大学のゼミ旅行でたくさん寺回ったなぁとか

 

このときは確か卒業旅行でいったなぁとか

 

その神様との思い出や御縁だけじゃなくて

 

行った人のこと、その神社の周辺の情景とか

 

行った時の天気とかハプニングとか会話とか

 

くだらないけどなんか忘れられない

 

わたしにとっては大切なものなんですよね。

 

 

だから、

 

転売する人な気がしれない。

 

 

神様と自分の思い出を売ってしまうんだ。

 

転売自体は悪いことではないとは

 

思うんですが、

 

御朱印ってやっぱり自分でいって

 

やっとの思いで手に入れるからこそ、

 

 

大切にしようと思うし

 

この御朱印帳がいっぱいになるまで

 

色んな思い出作るんだぞって

 

思えるんだよ。

 

 

だから、

 

御朱印転売するのはなんだか悲しくなっちゃうなぁって思うんですよ。

 

せっかく自分の時間を使って

 

手に入れたものなのに。

 

神主さんとかも、

 

ひとつひとつ丁寧に書いてくれるのに。

 

なんだか、

 

それでお金になったとしても

 

わたしはもったいないって思っちゃうし

 

御朱印の良さをわかってほしいなって思って

 

このブログに書いて見ました。

 

今日も読んでいただきありがとうございます😊

 

2月は1番寒い時期なので

 

お気をつけて。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする